スピードラーニングをMP3にして持ち歩こう

MENU

スピードラーニングはMP3方式にして聞き流すのが良い

 

スピードラーニングのおすすめの聞き方は、MP3方式にしてiPodなどで聞く事だという意見があります。

 

実際に、スピードラーニングをやっている人に話を聞いてみると、MP3方式にしてiPodなどでスピードラーニングを聞いている人が結構いらっしゃいました。

 

中には通勤時間を利用して、携帯電話からスピードラーニングを聞いている人もいらっしゃいました。

 

携帯電話なら、iPodなどのプレーヤーを持ち歩かなくて済む事や、iPodを持っていない人でも使えるところが良いという事です。

 

…なるほど。確かに便利ですね。

スピードラーニングをMP3方式にして携帯電話から聞く事が出来るようにするには

スピードラーニングを携帯電話から聞く事が出来るようにする手順は次のとおりです。

 

iTunes(アイチューンズ)というメディアプレーヤーをPCにダウンロードし、スピードラーニングのCDを読み込んでそのデータをMP3形式などにデータの形式を変換して、その変換したデータをminiSDカード(またはmicroSDカード)にコピーします。

 

そして、そのminiSDカード(またはmicroSDカード)を携帯電話にセットする。これでOKです。

 

このように、携帯電話でスピードラーニングを聞く事が出来るようにするのには、とても面倒な作業をしなければならないという事はありません。

 

ここで注意する事は、携帯電話の機種によって再生出来るデータ方式が違って来る事です。

 

そのため、お手持ちの携帯電話が再生出来るデータ方式を調べる事が大切です。